いろいろな水晶の役割
★水晶〔クリスタル〕〔二酸化ケイ素のみ〕
・水晶は風水で邪気を吸収する目的で用いられます。また、パソコンの電磁波などを吸収し,
 環境を浄化するといわれています。
・五行配当表では「水」に属します。
・窓のないトイレの浄化にも使います
★紅水晶〔ローズクウォーツ〕〔チタニウムの酸化物である金紅石を含むため〕
・一般的にバラ石英と言い結晶することは、まれである。
・半透明の柔和なピンク色の石で、欧米ではラブストーンと呼ばれ爆発的な人気の石で
 友愛の象徴とされている石。その半透明で淡いピンク色は女神アフロディテ(ビーナス)
 の愛の色とされてきた。この石は明るい未来、健康的なセクシーさ、生きる喜び
 情緒の豊かさをもたらすといわれ、女性の美と健康に効果があり人をひきつける魅力を
 向上させると言われている。また、恋愛だけでなく、その他の対人関係にも
 同様の効果があると言われている。牡牛座・天秤座の守護神
・風水では、桃花は恋愛・結婚を示します。桃花運とは、恋愛運・結婚運をいいます。
 風水では、この桃花運を促進できるのです。風水では、桃花の方位というのがあります。
 桃花運のある家は、ローズの気で満たされています。
  桃花運のない人もその家に住むと、その人の気は自然と影響を受け、桃花運を持つ気に変化します。
   恋愛運・結婚運を高めます。
 桃花の方位に置き、自分の愛情や願望をこめ、さらに自分の写真を水晶の下にしきます。
 ローズ水晶は本人の桃花方位の気(赤い光)を吸収し、
 その気を数倍、数百倍にしてその人に与えるといわれています。
 また、夫婦の寝室にローズ水晶を置くと、愛情の気を増幅し、夫婦間の気をより固く結ぶことができます。
・五行配当表では「火」に属します.
★黄水晶(シトリン)(水酸化鉄を含む)〔ほとんどは、紫水晶を加熱したもの〕
・この石は、神経をリラックスさせる働きがあるといわれ、神経が緊張しやすい人や
 緊張が連続した後の緩和剤として効果があるといわれています。会議や商談の時に
 持っていると持ち主の力になってくれるといわれています。
・黄水晶は財と富を引き寄せる特徴をもっているといわれ、大変珍重されています。
 財運の方位に置き、財運を呼び込みます。
・黄水晶は、古代エジプトでは「太陽神」として、生命と豊 のシンボルでした。
 守りの力と しの性質を持ち、目的や決断への強さを与えてくれるといわれています。
 ギリシャの色彩学によれば、黄色は金運、思いやり、礼儀・・・を表す色で、
 心身のバランスをとり、持つ人を暖かいパワーで包み込みます。豊かな実りと
 蓄える力を身につけることで、富を招き、財を築くといわれています。
★金糸水晶〔ルチル入り水晶〕
・金糸水晶は「蓄財」の運を呼ぶ水晶で、財布の中に入れて財運を呼び込みます。
 また、財運ヒキュウの中に入れて財運を促進する使い方もできます。
・剤運のほかにギャンブル運も強化します。
・お給料を上げたい、借金を返したいなども、この水晶で!
・方法は、金糸入り水晶を「桃花びん」の中に入れて、自分にとっての剤方に
 願いを込めておきましょう。びんの下には、中国の古銭を置くと、無敵のパワーを発揮してくれるそうです。
・この水晶を持つと、自信が湧いて毅然とした態度が身につき、信念や決断力を与えてくれます。
・ 企業家・宗教家・冒険家など、リーダーとしての能力が必要な人々をサポートする水晶と言えるでしょう。
・ ビジネスでは、クレーム処理や仕事上の駆け引きなどの際に身につけておくと、良い効果をもたらしてくれます。
・ 創作意欲をかきたてる力もあるので、設計士やデザイナーなど、クリエイティブな職業の人は、机の上に飾ると良いでしょう。
★紫水晶〔アメジスト〕(アルミニウム・リシウム・カルシウム・マグネシウム・クロム・マンガン・チタン・銅・鉄などを含む)
・濃厚純粋の愛情を象徴する
・熱すると黄色になり、さらに熱すると、230度〜260度で無色になる
・心の重荷を軽くし、心配、恐れ、不安、絶望感などをアメシストヶフィールター
 のように働き、取り除いてくれ、ストレス状態からの脱出、友情を長続きさせる
 恋人を引きつける(恋愛の成就)、またあらゆる痛み、頭痛、扁桃痛等や、不眠症
 薬物中毒、アルコール依存症、不感症などにも効果があるといわれています。
 ヒーリング効果としては血栓症や凝血の起きている症状に効果があり心臓麻痺のような
 障害を抑えたり、またアレルギー性の呼吸器障害、スモッグに犯されている肺などの
 症状を抑制する力があるといわれている。射手座・魚座の守護神
・2月の誕生石で人間の魂・知恵をあらわします。
 人と人の縁を結んでくれたり、人間関係を円滑にすると言われています。
 また精神を安定してくれる作用があります。
 紫水晶で子供の眉間をマッサージしてあげると集中力がつき、勉強が進みます。
 毎日5分ほど、紫水晶で子供の眉間をマッサージしてあげると大変効果的です。
 また勉強で疲れたときは、紫水晶をながめているだけで目の疲れが改善されます。
・カトリックでは「司教石」と呼ばれ、今も教会尊厳のシンボルとして司教は指輪として
 はめています。精神不調の緩和、隠れた能力や魅力を引き出す、恋愛成就、災難から
 身を守るといわれています。  紫水晶は、太陽光にあたると、色が薄くなってくるので、
日のあたらない所において起きましょう。
★黒水晶〔放射エネルギーによって、結晶構造が変わった説が〕
・暗褐色の黒水晶は、他の水晶とは使用方法が異なります。
 黒水晶は、「絶命」「五鬼」等の不運を呼ぶ方位に置きます。
 悪い方位に黒水晶を置くと、邪悪な気を黒水晶が吸い取り、部屋を浄化します。
★赤水晶
赤は肉体と感情に関わる色で、肉体的エネルギーを高めます。内気、弱気また肉体的過敏性を軽減し行動力や積極性を発揮するために使用してください。ですが、赤は基本的に一時的な必要な強いエネルギーや反動、きっかけを得るのに適していますので、必要がなくなったら出来れば外したほうがよいでしょう。
★緑水晶〔草入り、苔入り、山入りなど〕
★けむり水晶
★平板水晶
★松茸水晶
★曲がり水晶
★日本式双晶〔二個の水晶が84”33’の角度でくっついている〕
★すすき入り水晶
★青石英〔金紅石を含む〕
★水入り水晶〔古代の水、炭酸水、炭酸ガスなど〕
★星入り水晶〔球場の緑泥石など〕
(インテリアストーン、風水WEB、鉱物図鑑参照
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO